豊胸の様々な面を知りましょう

豊胸の様々な面を知りましょう

大阪でプチ整形と呼ばれる豊胸手術の一つに人工乳腺法というものが有りますが、どんな手術なのでしょうか?
バッグプロテーゼと呼ばれる人口乳腺を入れるというもので、乳腺下へ挿入するものと大胸筋下に挿入すると言う2種類が存在します。
これらの手術は局部麻酔や静脈麻酔をして脇下のしわに沿って数センチを切開してそこからバッグを入れるのです、クリニックによって使っているバッグは違いますよ。

よく痩せ型の人は豊胸しにくいと言いますが、豊胸バッグ方は痩せてる方でもやりやすいですね。
1回で理想通りのバストになれて、結構大きくできますが術後のマッサージなどのケアは必須です、と言うのも被膜拘縮が起こってしまうからなのです。

脂肪注入は拒否反応も無く傷跡もあ目立たないやり方です、しかも触っても自然で豊胸手術だとは分かりません。
しかし注入した脂肪が身体に吸収され出すとバストアップ効果も薄れてきますね。
最後に残るのは30%くらいと少なく、このやり方だと何回か同じ手術をしなくては理想のバストにはなれませんね、もちろん身体から脂肪が無い状態だとできないというデメリットが有ります。

どのやり方にもメリットデメリットは存在しますので、きちんと知識を付けて選択したいですね。